キャッシングで10万円を借りる時の利息の計算方法

10万円をキャッシングしても、利息は発生します。
金融機関を利用するうえで避けられません。
利息で返済額が決まるわけですから、しっかり考える必要があります。

利息が増える基本的な仕組み

日割りで計算されることが多いです。
利用日数が多くなるとそれだけ増えます。
加算される期間は借りた日から返済が完了するまでです。
この借りた日から返済が完了するまでの期間を利用日数と言います。
利用日数はキャッシングした金額や返済方法によって変わります。
無利息期間がある場合はその期間だけ加算されません。

計算する方法

あくまでも例ですが、一般的に14%から18%前後になります。
10万円をキャッシングしたなら、1万8千円程度が加算されます。
14%から18%前後と言ったのは金融機関によって違うからです。
自分で計算する場合は18%を基準にしてください。
18%を基準にしておけば、どこの金融機関でも大丈夫です。
金融機関のホームページでシミュレーションすることもできます。

利息を減らすことも可能。

個人での努力が必要になりますが、利息を減らすこともできます。
利息を減らす方法は利用期間を減らすことです。
いつもより多く返済して利用期間を短くしましょう。
10万円のキャッシングで2万円前後です。
20万円のキャッシングなら、4万円前後になってしまいます。
この他にいくらか手数料を支払います。
高いと思われるかもしれませんが、これが現実です。
簡単にキャッシングすると必然的に高くなります。